個人輸入の医薬品通販サイトで性病薬を購入してみました。

個人輸入で性病薬は購入可能?

個人輸入で性病薬は購入可能?

性病は一度発症してしまうとパートナーに感染させてしまうリスクもありますし、薬局で治療薬を購入できないこともあり、とても厄介です。そこで注目を集めているのが通販での購入で、性病薬は海外から個人輸入または個人輸入代行業者を利用することで、購入することが可能です。たとえばクラビットやジスロマックなどの有名な性病に効果のある抗生物質をはじめとして、それらのジェネリックやその他の性病薬もあり、ラインナップも豊富です。ただし言葉や品質の問題もあるため、簡単に購入するならば代行業者を利用した方が便利です。

性病のお薬は病院に行かなくてもくすりぴあで購入していただく事ができます。

抗生物質を個人輸入するメリットは?

抗生物質を個人輸入するメリットは?

抗生物質を個人輸入するメリットは、安く購入できることです。また、処方箋がなくても購入できるため、病院に行って処方箋をもらいたくないという場合にも抗生物質を入手することができます。個人輸入を自分の利用目的で行うことは、薬事法上禁止されていません。しかし、自己判断で輸入して服用するわけですから、副作用のリスクなどはすべて自分で負わなくてはなりません。そのため、個人輸入をして服用することは自己責任となります。

性病治療薬について詳しく知りたい方はお薬辞典をご覧ください。

性病薬で自宅治療が可能になる?

性病薬で自宅治療が可能になる?

性病にかかった場合、所定の医療施設で診てもらうのが一番ですが、診察の際に性器を披露するのは何かと気が引けてしまいます。インターネット網が確立している現代だからこそ、性病薬の購入によって自宅治療が可能になっています。性病は菌が繁殖して起こる病気が多く、抗生物質を用いた治療法が一般的になっています。性病薬の多くが抗生物質が含まれていますが、購入の際には利用者の意見を反映してから行うのが一番です。ネットで購入できる性病薬には偽物があるため、利用者の体験をもとに信頼できる薬を買う方法が望ましいです。

誰にも知られずに性病治療をしたい方はクスリグラへお進みください。

性病薬購入時、保険証や診断書は必要?

性病薬購入時、保険証や診断書は必要?

性病薬を購入するにあたって、保険証や診断書の提示は特に必要ありません。むしろ、購入するきっかけが「親にばれずに性病を治したい」だから、保険証の提示が不要と聞いて安心したかと思います。性病にかかっているかどうかは、検査キットで調べることができ、ネットの通販等で購入するところから始まります。性病にかかったら、個人輸入向けのサイトにて性病の薬を購入して服用していきます。注意点と言えば、一度服用したら性病が治るまで辞めないことです。中途半端に使用をやめたら、薬が効かなくなるおそれがあるからです。

抗生物質を個人輸入する際の注意点

抗生物質を個人輸入する際の注意点

抗生物質を個人輸入する際の注意点は、自己責任で行うべきだということが挙げられます。本来、処方箋がなくては購入することができない医薬品ですが、個人が自分で利用するために少量の輸入をすることは薬事法上禁止されていません。しかし、処方箋をもらっていないで自分の判断で輸入して利用するのが個人輸入ですから、副作用にかかってしまった場合などの補償を受けることはできません。そのため、慎重に検討したうえで個人輸入をするべきです。