抗生物質を個人輸入するときはどんなことに注意すべき?

個人輸入で抗生物質購入時の注意点

個人輸入で抗生物質購入時の注意点

クラミジアや淋病などの性感染症に感染してしまった場合には、その治療として抗生物質が利用されます。しかしこの薬は日本のどの薬局にもドラッグストアにも販売されていません。

性病の治療薬の抗生物質は、薬局での販売が認められていないため、医師による治療を受けて、処方してもらわなければなりません。

しかし近年では個人輸入により、簡単にこれらの薬を手に入れられるようになってきています。インターネットで検索することで、たくさんの個人輸入代行のサイトが発見できます。

個人で使用するために購入するのであれば、特に法律に触れることもありません。人によっては、忙しくて病院に行く暇がない人や、どうしても病院に行きたくない人がいるでしょう。

しかし抗生物質を個人で輸入する際には、いくつかの注意点が存在します。まず一つ目に偽物のリスクが高いということです。日本で個人輸入の代行している業者のほとんどが薬の生産元は中国です。

実際に中国発の個人輸入の薬の3割ほどは、偽物だったというニュースもありました。この現状から抗生物質についても、安心とは言えないでしょう。個人の輸入で購入する場合には、通常のジェネリック製品ではないものの存在します。

薬によっては、より副作用がきついものもあるので注意が必要です。効果はあっても、副作用の吐き気が強いものの多く見られます。そして薬を乱用することにより耐性菌が付いてしまうというリスクです。

この薬は中途半端な使い方をすると、耐性菌を作り出してしまうケースがあります。そもそも耐性菌とは、薬が効かない、もしくは薬が効きにくくなるパワーアップした菌のことを指します。

一度の治療で殺菌できなかった場合には、治療が非常に長びくことが予想されます。近年では耐性菌は世界の機関からも深刻な問題として、警告されています。

しっかりと病院に行けば、効果のある種類を探すために、別の種類の薬を処方してもらいながら、様子を見ることができます。しかしこれは個人の自己判断では無理でしょう。

治療後の再検査を怠ってしまうと、完治することなく、再び菌が増殖してしまう可能性もあります。

インターネットで個人輸入の代行をして、抗生物質などの薬を販売している大手の業者は、近年アクセスができなくなっています。

しっかりと泌尿器科や婦人科に行き、処方箋を出してもらったうえで、医師の指示通りの薬を服用した方がよいでしょう。