多汗症の手汗はストレスから?

多汗症の手汗はストレスから?

多汗症というとその原因として「ストレス」をイメージされる方も多いかもしれません。しかし厳密な話をするとその原因はまだはっきりとは改名されていないのが現状です。

ただしその症状がおこる体内で起きている現象としては自律神経のひとつであり新陳代謝を活性化する神経である「交感神経」の機能亢進の状態が続いてしまった結果汗を分泌する腺である「エクリン腺」が不必要に活性化され多量の汗が分泌されてしまうことが分かっています。

その際精神的刺激や緊張がそれほど強くないにも関わらずひどい発汗を起こし手のひらがべたべたな状態になってしまうのが多汗症の特徴です。

普通の手汗とは少し違うと言えますが、寝ている時は汗はおさまる傾向にあります。

多汗症の手汗は緊張から?

多汗症の手汗は緊張から?

手汗は緊張によって発生したり増加しますが、多汗症の場合はそうなりやすい体に原因があります。

緊張はあくまでも症状を促進するもので、いわば引き金のようなものと考えられます。

多汗症は代謝の異常や精神的なタイプなど、手汗といっても実に様々な種類が存在しています。

緊張も手汗を引き起こしますが、それは必ずしも多汗症とはいえないので、多汗症イコール緊張が原因と考えるのは間違いです。

しかし、精神的な状態と手汗の量は連動しますから、リラックスする時間を増やしたり、なるべく気にしないようにするのは有効です。

思考とそれに伴う精神状態が結果と結び付くので、認知を変えれば緊張状態が和らぎ、最終的に多汗症による手汗が落ち着くこともあり得るでしょう。

多汗症の手汗はコントロールできない?

多汗症の手汗はコントロールできない?

多汗症の中でも手汗は、コントロールができないことも多く、一番大事な時に汗をかいてしまったため、恋愛もできないなどのエピソードも存在します。

自由に汗の量を加減することができれば良いですが、自分の考えとは別に副交感神経が働かないことによるもので、手汗をかいてしまいます。

副交感神経は正常に働けば、汗の量自体もコントロールすることができ、適度な状態で汗を抑制してくれます。つまり多汗症の原因は副交感神経が正常に働かないため、神経が暴走状態となり汗をかいてしまうことで起こります。

一部には生活習慣や病気なども多汗症に影響するケースも存在しますが、副交感神経が働かないことを理由とすることが多くなります。

当然、コントロールできない状態にありますが、多汗症の手汗では外用の薬や飲み薬、注射などの方法で手汗を抑制することも可能です。