多汗症には種類がある?

多汗症には種類がある?

多汗症は、全身性と局所性といった種類に分けることができます。ヒトは暑さを感じると多量の汗をかくものですが、全身性多汗症の場合ですと疾患が原因になって多量の汗が出ると言われています。

そして、局所性の場合は手のひらや足の裏であったり、脇の下や頭に顔面などの身体の部位からのみ多量の汗をかくことです。

この局所性で考えられる原因としましては、精神的なストレスや自律神経の乱れなどから症状が出るとみられています。

それから、手のひらに滴り落ちるくらいに多量に汗をかく多汗症や、足の裏に多く出る多汗症ですとか脇の下に多量の汗をかいて服に滲みでるような多汗症で悩んでいる人もいて、大きく全身性と局所性の2つの種類に分類することができます。

手汗の中にも種類がある?

手汗の中にも種類がある?

汗腺には2種類あります。その2種類は、「アポクリン線」と「エクリン線」と呼ばれます。

それぞれから流れる汗は種類が違い、「アポクリン線」は主にわきの下などの局部にあり、アルカリ性でたんぱく質・脂質・アンモニアが含まれています。

雑菌と混ざると嫌な臭いの元となります。「エクリン線」はほぼ全身にあり、汗のほとんどはこの「エクリン線」からでます。

手の平はこの「エクリン線」が集中している場所です。手汗は運動した時の温度調節ばかりでなく、緊張した時に交感神経が活発になることでも多くなります。

同じ汗腺からですが、発生理由が違います。この汗は酸性で、99%が水で臭いも少ないのですが、非常に大量に汗をかきやすい部分なので気にする方も多くいます。

近年、多汗症対策のクリームでも抑えられて人気になっています。

多汗症の手汗は精神的なもの?

多汗症の手汗は精神的なもの?

多汗症による手汗がひどい方は、例えば極度の緊張状態で汗をかくことが多いこともあり、よく精神的なもので起こると言われています。

しかし手の他に、頭・脇などの局所的に多汗を感じるケースも多く、体全体に汗をかく汗かきとは性質が異なるものです。

つまり局所多汗症と言われていることもあり、程度によっては病気の一つとしても捉えることもできます。もっとも体温などを維持する働きのある交感神経の働きが関係しているとされます。

手汗が生活に支障があるぐらい極度にひどいケースでは、精神的なものや生活習慣を原因としない、病気であると言えます。

実際に手汗などが原因で生活などにも及ぼすケースでは、局所多汗症ということで健康保険の適用を受け、医療機関の皮膚科に通院することも可能です。